トップ

不動産投資用の中古マンション

安定した副収入や、老後対策のための個人年金として不動産投資を活用する方法があります。投資方法にも様々な種類がありますが、もっとも容易なのは賃貸住宅として活用する方法です。中古マンションを購入して、賃貸住宅として活用すれば、家賃収入が得られますが、それを知らない人が多いです。不動産の知識が少ない人や、投資行為や資産運営に関して不安がある人は、家賃保証制度を利用すると良いでしょう。家賃保証制度というのは、賃貸住宅として提供していながらも入居者が現れなかったときに、その空室期間中も家賃の収入を保証してもらえるという制度です。正確には、家賃の何割分かの補償というスタイルです。

月極駐車場簡単に探す事が出来るサイトです。
どこにいても、全国の希望の駐車場情報が手に入る驚きの便利なサイトです。使い方もとっても簡単ですよ。

中古マンションを買うとき

不動産を探していて、中古マンションが、立地、広さが希望に合うと、価格が手ごろで魅力的な物件に出会える時もあります。その時、気を付けたいのが、まず初期費用、新築分譲の場合はいりませんが、中古マンションを購入する場合は仲介料が必要で、不動産会社によっても異なりますが、物件価額の3%程度を見込んでおく必要があります。また、銀行借り入れの条件で、築年数が何年以内という制限があったり、税金の特典である、住宅借入等特別控除は築25年以内が条件です。これらを踏まえてもなお、お得な物件は少なくありません。違いを知ったうえで探すといいでしょう。

不動産投資の情報