トップ / 不動産投資と経営のコツ

不動産賃貸経営の税金

不動産投資、賃貸経営を始めるとき、お金の流れや税金についても知っておくと便利です。土地、建物を借入金で買うと、家賃収入がある一方で毎月の返済があります。家賃収入から返済と、マンションの場合は管理費や修繕積立金を支払った差額が、手元に残るか、または毎月の負担になります。ほかに、その不動産の固定資産税や、修繕などの不時の支出もある程度見込んでおきましょう。ところで、税金の計算ですが、収入にかかる経費は、出ていくお金だけではありません。初期投資の建物の取得費は、減価償却費として、複数年度で費用に計上する一方、借入金の返済のうち経費になるのは利息だけで、元金の部分は経費にはなりません。

賃貸するときの心配事

アパートなどの不動産を賃貸するときに心配になるのは退去するときの原状回復費用にいくら取られるかということです。国土交通省の指針では故意に破損させたもの以外は費用を負担する必要はないことになっていますが、大家さんは個人ですからどんな考えを持っているか分かりません。不合理だと思うような費用請求されて、大家さんとトラブルになるのは嫌なものです。仲介してくれた不動産屋さんは、いつも仕事をくれる大家さんの味方だと思っていいです。もしそのような事態になったら、わずかばかり金額で弁護士に相談するわけにも行かないのでしょうから、行政の相談センターへ相談にいくのがベストです。

不動産投資の情報