トップ / 仲介手数料のない不動産

賃貸物件の不動産の仲介手数料

賃貸の、アパートやマンションなどを借りる場合、敷金や礼金、前家賃と言った諸費用を最初に支払う事になりますが、このアパートやマンションの賃貸物件を不動産会社を仲介して借りる場合は、まずその会社に対して仲介手数料を支払う事になります。この手数料は家賃の一か月分相当が上限となるものであるため、賃貸物件を借りる場合は、この手数料分の費用を用意しておく事が大切です。しかし、最近は賃貸物件の中には仲介手数料がゼロの物件も有り、このような物件は初期費用を節約する事が可能になる事からも、人気が高い不動産といえるのです。

売買物件の仲介手数料

中古のマンションや中古一戸建てなどの売買物件と言うのは、不動産会社を仲介している場合、買主や売主はそれぞれ仲介手数料を支払い物件の売買を行う事になります。中には、この手数料が無料になるお得な物件もあります。中古のマンションや中古一戸建てなどの売買物件で、不動産会社に支払う仲介手数料と言うのは、販売価格および購入価格の3%と6万円を加算し、これに消費税が加算されている額になります。そのため、賃貸物件などと比べると手数料自体は高額になります。そのため、買主および物件の売主は、この手数料を予算に考慮しておく必要があるのです。

不動産投資の情報