トップ / 理想の注文住宅を建てる

注文住宅にこだわる理由

注文住宅というと面倒というイメージがあるかもしれませんが、ある程度のプランと言うのはあるものです。何も知らない素人に、窓の大きさはどうしますか、部屋の形やインテリアはと言っても、すぐにはイメージできないからです。しかし、モデルハウスと違って、大量生産するタイプではないのでオリジナルの家になるというのは事実です。部屋の大きさや間取りなどは各々が決めれば、オーダーメイドと同じようなものです。せっかくなので妥協の無いように納得のいくものを建てたいですね。そうなれば注文住宅に人気が集まるのもうなずけます。

工務店は地元の味方です

昔から大工の家系、と言うおうちが名乗っていることも多い「工務店」です。「家を建てるなら土地の大工を探せ」とは良く言ったもので、日本中が何でも同じになっている現代には耳が痛い言葉です。土地、とは風土を持つものです。どんな気候が特徴なのかを知り尽くしているのはその土地に住み着いている方に他なりません。気候のほかにも年間行事があったり、郷土食のための装置を備えたりと、起伏に富んだ日本では、土地の名前の数だけ特徴的な風土があるのかも知れません。新築、リフォームは地元の工務店を探すのも、ひとつの手です。

不動産の投資情報