無料と有料のチャットツールの機能性の違い

スマートフォンのアプリやパソコンを用いて使うチャットツールには、無料の製品も数多くあります。そして無料でも基本的な機能は備えていて、ただ会話をするような状況であれば問題なく使用できます。では無料版と有料版では、具体的にどのような点が違うのでしょうか。多くの有料版は、ビジネスでも使用できるような内容となっています。プランを複数用意しているところもあり、必要に応じて機能面が追加されていきます。一般的な会話とは異なる情報がやりとりされ、それをサポートするのがほとんどです。チャットツールは全ての機能が固定されているわけではないため、無料で使用できていた機能が別のところでは有料プランになっていたということが起こり得ます。なので、必要な機能をしっかりと把握することが、賢いサービス利用に繋がります。

取り扱える容量の増加と管理機能

無料版から有料版へ移行した時、大きく変化するのは容量面です。保存しておける会話の量が増加するため、記録媒体としても使用できるようになります。必要な情報が期限切れとなってしまい、得ることができないというトラブルを防げます。これは会話内容だけでなく、資料ファイルなどにも適用されるため、大きな要素と言えます。容量は追加購入制だったり、有料にした時点で無制限になるなど、取り扱っているところで異なります。またそれらの情報を、責任者を設定して管理することが可能になるプランを用意しているところもあります。会話内でのみ取り扱いが可能な機密情報などが、外部に漏えいしてしまうリスクを減らすものです。したがって情報の管理という点でも、有料版の方が大きなアドバンテージを取っていると言えるでしょう。

複数人で使用する際の制限が異なる

チャットツールをビジネスで用いる場合、個人間のやりとりだけでなく複数のグループで会議のような使い方を求められることがあります。その機能だけだと無料版でも問題なく使用できても、作成できるグループに上限が設定されていることが多いです。したがって人間関係やプロジェクトなどで数多くの独立したグループに所属する場合は、有料版の方が向いていると言えます。またチャットツールといえばただ文字を送り合うだけではなく、音声や映像を交わす機能を搭載したものも多いです。このビデオ電話のような映像機能をグループで使用する場合にも、有料プランへの加入が求められることがほとんどです。文字を打つよりもただ会話をした方がスムーズな進行が可能という強みがあり、より利便性が高まります。