トップ / 賢く相続税対策をする

不動産を受け取るなら相続税対策

平成27年1月施行の相続税改正で、相続税の控除額が従来の6割になり、多くの人にとって身近な問題になりました。地価が高い場所で不動産を持っていると、それだけでも相続財産の額が高額になります。税金のために自宅を手放したり、廃業を余儀なくされてしまいます。こうした悲劇を避けるため、相続人の居住用財産では最大8割など、小規模宅地の評価減という仕組みがあります。だれがどの財産を相続するかで変わる税額については、相続税対策をしておくことが有効です。また、相続人同士がもめないようにすることも相続税対策の一つです。

不動産の投資情報