トップ / 賃貸物件退去時について

賃貸物件退去時の原状回復義務

賃貸物件の契約を解除してそこから退去する時には、借り手には現状回復の義務があります。原状回復の義務というのは、大家さんや不動産会社が所有している借り物の物件を元通りにしてから退去しなくてはならないという義務です。ここで、どんな賃貸物件でも年数が経てば劣化します。宅地建物取引業法では、この経年劣化にっいては原状回復の義務の範囲に含めないとしています。よって、実際の原状回復では故意や過失でできてしまった室内の傷や汚れを自己負担で修繕・リフォームすることになります。

不動産の投資情報